detail

相続

ご家族が亡くなったときには、様々な相続手続きをしなければなりません。
遺産の中に土地や建物があるときには、相続登記が必要です。
また、預貯金があれば、金融機関での払戻しの手続きが必要です。
さらに、多額の借金が残された場合には、家庭裁判所で相続放棄の手続きが必要になることもあります。
司法書士は、相続登記の申請代理や家庭裁判所に提出する書類の作成はもちろん、預貯金の払戻しなどの各種相続手続きに利用できる法定相続情報一覧図の交付手続きを代理し、専門性を発揮してあなたの相続手続きをサポートします。
お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちらから

遺言

自分の財産を特定の人に遺したい場合、遺言書を作成する必要があります。
遺言を残すことにより、誰にどの割合で相続させるかを指定したり、特定の財産を特定の法定相続人に相続させたりすることができます。
また、遺産をや法定相続人と関係ない第三者に贈ったり(遺贈)、公益法人などに寄付することもできます。

他には、小さい子どもがいるひとり親が、自分にもしものことがあった場合に備えて、遺言によって未成年後見人を指定することができます。未成年後見人は、親権者がいなくなったときに、親権者と同様にその子どもの財産を管理して監護教育します。
その他にも、遺言を残すことによって法律上の効力が生じる事柄はたくさんあります。
自筆証書の遺言を残す場合には、司法書士は専門的な知識と経験を元に、あなたの遺言書作成を支援します。
お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちらから

成年後見

・認知症の高齢者に頼れる親族がいなくて施設に入所できなくて困っている。
・知的障害の子どもがいるが、親が高齢のためその子どもの財産管理や様々な手続きが十分にできなくて今後が不安。

このような認知症や知的障害などで判断能力が不十分な人の権利を守るために、家庭裁判所に成年後見人を選任してもらうことができます。成年後見人は、ご本人の権利を守るために財産管理や様々な手続きをします。
また、今は自分で何でもできるけど、将来認知症になったら頼れる親族がいなくて心配という人は、信頼できる人と任意後見契約を結んであらかじめ後見人を選んでおくことができます。もし認知症になったらその後見人に自分の権利を守ってもらうことになります。
司法書士は法律の専門家として、成年後見制度の利用者であるご本人の権利を擁護します。
お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちらから